スタッフブログ

アプローチ工事 乱張り

11月15日

本日は、アプローチ工事 乱張りの様子をご紹介いたします。

門をくぐるとすぐに玄関がある家と、玄関までの道のりがある家、どちらに魅力を感じますか?

門扉から玄関までの道を玄関アプローチと言います。訪問客が必ず通る場所ですし、玄関周りは初めに目に入る、第一印象を決める重要な場所となります。 「おしゃれな家」「きれいな家」といった良いイメージをもってもらうには、外構としての玄関アプローチが非常に重要となります。

20161115_09060620161115_090525今回は乱張りという技法のご紹介です。洋風住宅が増えてきたこともあり、外構に乱張り(らんばり:大きさや形が不揃いな石を不規則に張り合わせた工法)の石張りを採用する方が多くなりました。   石を張るだけでモダンな印象の庭になり、明るい雰囲気を演出できるのが人気の理由です。

この技法により、玄関廻りがとても明るくおしゃれに見えますね。

 

 

この技法は、職人が一つ一つ手作業で石を並べていくため、とても手間がかかります。手間がかかるということは、金額も高額になりやすいですが、お庭や玄関廻り・駐車場廻りなどの一部に使用するなど様々な見積もりをご紹介できますので、興味がある方は是非当社までご連絡下さい。